スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新作】CD"ススペンディド・エン・エル・アイレ"発売

ススペンディド・エン・エル・アイレ

笑顔の巨漢、音の妖精
アルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタリスト、アレハンドロ・フラノフ Alejandro Franovが2年ぶり新作発表。
Khali カーリ、OPSIGNO オプシグノ以来の秀作だと感じます!!!
変型大判の紙ジャケット仕様で、アートワークの雰囲気も存在感あり素敵です。

タイトルの『ススペンディド・エン・エル・アイレ』とは、空中に宙ぶらりん という意味。
現在の作者の心境をあらわしていると感じます。

2016.12.18
ススペンディド・エン・エル・アイレ
Suspendido en el Aire (KK033)


ススペンディド・エン・エル・アイレ02
ススペンディド・エン・エル・アイレ03

試聴
https://naturebliss.bandcamp.com/album/suspendido-en-el-aire-kk033
DiskUnionサイト
http://diskunion.net/latin/ct/detail/1007263413
OPTIMANOTES
http://optimanotes.com/archives/5254

なお、プロフィール内「2007 年にはフェルナンド・カブサッキらと来日、・・・」は、おそらく2006年開催の『アルゼンチン音響派
Musica Frontera Argentina
』のことだと思われます。アレ、カブサッキの他、サンティアゴ・バスケスも初来日し、ROVO、UAや内橋和久、OORUTAICHI、YTAMO、亀井奈穂子、千住宗臣らと共演したミラクルなツアーでした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。